So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

フレームワークを学びに行こう! [人材育成]


今まで、
いろんなセミナーとかに参加したけど、
フレームワークをメインに出したのって、
結構珍しいかも…

ファシリテーション フレームワークっていうイベントが、大阪であるそうです。

行ってみようっと!

【イベント概要】
・日時 :2016年2月13日(土) 10:00~18:00
・場所 :アネックスパル法円坂 (大阪 森ノ宮)
     http://www.zaidan.or.jp/access.html
・テーマ:”みえて わかって うまくいく”
      発見!実践!「ファシリテーションフレームワーク」
・参加費: 5,000円 (FAJ会員 3,000円)
    ※懇親会(泡の会)は希望者のみ先着順、別料金です。
・定員 : 200名
・主催 :NPO法人 日本ファシリテーション協会(FAJ)
・協賛 : スリーエムジャパン株式会社

お! 
協賛にあるスリーエムって、ポストイット[レジスタードトレードマーク]の? 
すごいね~!



フルマニュアルで50ミリ [人材育成]


今年(2015年)の桜。
皆さんはご覧になりましたか?

4月1日の新入社員にはグッドタイミングでしたね。
4月8日前後の入学式には葉桜となってしまう感じです。
ただ、春休みには充分花見を楽しめたのではないでしょうか。

さて、新入社員、新入生に限らず、進級や昇級など、
多くの方が新しいステージに上がる季節です。
そこでよく言われるのは、こんな言葉ですね。

基本を大切に… 基本を忘れずに…

そう、基本という言葉です。
ちょっと辞書(広辞苑)で調べてみました。

*** *** *** *** ***
き‐ほん【基本】
物事がそれに基づいて成り立つような根本。
「―を身につける」「―の型」
*** *** *** *** ***

特に気になったのは、基本の型の「型(かた)」です。

そういえば、日本語には「かた」という言葉が多いですね。
型、形、方、かたちのことですね。

カタチから入るという言葉もあります。
現時点で、基本ってなんだろうと考えたとき、
その物事の応じた「かた(かたち)」を学ぶことだと思いました。


M2 矢印 標識 ピンクのバイク.jpg
◎フルマニュアル機 ライカM2+沈胴ズミクロン50ミリ のんびりスナップ


写真好きな私も、基本を忘れないように、
フルマニュアル機に標準50ミリレンズを付けて
撮影に挑むことがあります。
マニュアルとは「手動」の意味です。

従って、フルマニュアルとは、ピント、シャッター速度、
絞りは、全部自分で考えて決めないといけません。

それに加えて、写真機の構え方も大事ですね。
片手持ちの手ぶれ、なんてのは論外です。
しっかり脇を締め、写真機を鼻に押し付ける。
体にぴったりと密着&固定します。

36枚撮りフィルム数本をポケットに突っ込んで、
程よい緊張感で歩くフルマニュアル機の散歩。

基本を忘れないためには欠かせません。

ではまた~

☆PRコーナー☆
店長やチームリーダーに昇格。
みんなの前でしゃべることに…
そんな時に粋な一言が出れば、
あなたの評価は格段にアップ!

ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

  • 作者: スピーキングエッセイ
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 単行本



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

自然を感じることを忘れたら…

こんにちは~

Facebookには
リアルタイムでアップしていますが、
こちらはちょっぴりのんびりモード。

ポワンとしたお日様。

20150323 今朝の日の出ミニ.jpg

キリリとしたお月様。

20150325 今宵の月ですミニ.jpg

毎朝、毎夜、
いろんな表情を魅せてくれます。

ご覧になった方からこんなコメントをいただきました。

「お月様が、美味しい和菓子のような…」

ありがとうございます。

私は頂戴したコメントから、こんなことを思い出しました。

我々人類の歴史は自然の模倣から出発している。

我々は自然に畏敬の念を持ちながら、
その英知を吸収することで
今の文化・文明を築き上げてきました。

そこにはまだ、「調和」という概念があったと思います。

今、我々は、自然を、季節を感じているでしょうか。

栄枯盛衰は必須なれど、
破滅の予兆は、生活の中から
自然を忘れた時から始まるのかもしれません。

ではまた~( ´ ▽ ` )ノ

☆PRコーナー☆
店長やチームリーダーに昇格。
みんなの前でしゃべることに…
そんな時に粋な一言が出れば、
あなたの評価は格段にアップ!


ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

  • 作者: スピーキングエッセイ
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 単行本





タグ: 日の出
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

艱難辛苦のあとこそ… [カメラ 写真]

みなさん

ご無沙汰しております。

朝夕、カメラを携帯し、
ここぞと思ったときに、
シャッターを切る喜び。

私は撮影対象は特に
絞ってはいないですが、
街中から眺める日の出、
夕焼けは大好きです。

特に、雨上がりなど、
混乱した天候の後こそ、
素晴らしい風景に…

今朝も出会えました。

朝の散歩 芽吹きミニ.jpg

朝の散歩中に日が昇り、
一本の芽吹きに出会い、
しばし立ち止まりました。

折ろうと思えば簡単。
曲げるのも容易です。

いじりすぎることなく、
ほったらかしでもなく、
適度な距離を保ち、
育って行くのを見守るのが
一番難しいかもしれません。

ドキドキ、ハラハラ、ワクワク…
子育て、仕事、自分の一生、
いろんな比喩を感じました。

ではまた~( ´ ▽ ` )ノ

《PRコーナー》
店長やチームリーダーに昇格。
みんなの前でしゃべることに…
そんな時に粋な一言が出れば、
あなたの評価は格段にアップ!


ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

ラクラク話せるスピーチと挨拶大事典

  • 作者: スピーキングエッセイ
  • 出版社/メーカー: 秀和システム
  • 発売日: 2014/12/20
  • メディア: 単行本




nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

未来を創るなら! システム思考が効果的です。 [人材育成]

こんにちは!
えらいご無沙汰になってしまいました。

さて…

プロジェクトがうまく進まない。
そんな時はどうすれば良いのでしょうか。

例えば“日本再生”というキーワード。

果たして国民に受け止められているのでしょうか。

“再生”という言葉の背景。

それは…
好景気を甘受していた世代が、不景気や災害に会い、再び好景気を取り戻そうとする
そんな“ストーリー(物語)”を有していることが前提です。

反対に…
このストーリーを有していない人々にとってはどうでしょうか。
私は、影響を与えることが難しい言葉だと思います。

2014年時点で42歳以下の方々は就職氷河期と呼ばれています。
バブル崩壊と言われる時期に入社された方々です。
オリンピックや新幹線開通など国民全体が歓喜した体験もありません。

もっと下の世代はどうでしょうか。
2014年時点で18歳から22歳である私の学校の教え子たちに言います。

「今、日本は再生時期なんだよ」

学生はポカンとした表情で答えます。

「はぁ?」

そこで私が彼らを“説得”し始めるとどうなるでしょうか。
彼らは説明は聞きます。
しかし、納得はしません。
場合によっては怒りに変わります。
“バブル世代の人は幸せだったんですね”
“彼らが今のような日本にしたのですね”

あまり意味のないことだと思います。
人は説得されるよりも、納得することで動く生き物です。

日本を元気にする。
それはもちろん全国民が取り組むべき課題でしょう。

それには、まず一番に影響力を持った人々に働きかけることが重要です。
つまり日本というシステム(構造)を円滑に動かす。
そのための“ツボ”になっている人々は誰なのでしょうか。

そこをみんなで探し、働きかけていくことが第一歩です。
そのためには「システム思考」が有効だと私は考えています。

〈続く〉

■宣伝コーナー■

あなたの人生は、あなたの口癖で決まる!

人見知りも治るかもしれません!

「安心した!」「救われる気持ちになった」と評判の書籍です。

2013_0422_出版しました~販売開始!.jpg

1.前に踏み出すためのロジカル思考

2.学生のためのファシリテーション入門

著者:水江 泰資 みずえ ひろよし(大阪経済大学講師)

お求めはこちらから↓
http://www.ashizaki.co.jp/

あしざき書房
〒171-0051東京都豊島区長崎2-13-10
TEL 03-3530-3356
FAX 03-3530-3317


入門! システム思考 (講談社現代新書)

入門! システム思考 (講談社現代新書)

  • 作者: 枝廣 淳子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/06/21
  • メディア: 新書



なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方

なぜあの人の解決策はいつもうまくいくのか?―小さな力で大きく動かす!システム思考の上手な使い方

  • 作者: 枝廣 淳子
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。